電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

SONYがドイツで電子書籍配信ストアを開設-DRMではなく電子透かしでの著作権管理に注目

2012.12.13

SONYがドイツで電子書籍配信ストアを開設-DRMではなく電子透かしでの著作権管理に注目 はコメントを受け付けていません。

 12月12日、SONYは、電子書籍配信ストア「Reader Store」をドイツで開始した。
 最大の特徴は、全ての作品ではないがDRMを廃止し、代わりに電子透かしを導入した著作権管理にあるという。
 これにより、Readerの各機種だけでなく、スマートフォンやタブレット間を自由に転送することが可能になっている。

 DRMではなく、電子透かしを導入したことにより、合法的な利用者に面倒を生じさせることなく、一方で違法コピーを減少させることに成功したのは、ハリ・ポッターシリーズを提供する「Pottermore」。
 今回、SONYがこのような措置に踏み切ったのも、世界中で人気を読んだ作品にて、海賊行為に一定の効果があると認められたからだろう。

 DRMは、配信ストアの終了と共に購入した本が読めない、端末間の移動が難しい、ローカルに保存しにくいなどの問題があり、世界中で様々な方法が議論されている。
 今回、SONYという電子書籍市場の一端を担う企業が新たな方法を選んだが、他の事業者がこれを追うのかどうかに注目が集まる。

関連情報はこちら

Sony Reader Store(ドイツ語)
Sony Launches German eBookstore with DRM-free eBooks(The Digital Reader・英語)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る