電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

koboイーブックストアで2012年もっとも売れた本は?-2012年電子書籍売上ランキング発表

2012.12.18

koboイーブックストアで2012年もっとも売れた本は?-2012年電子書籍売上ランキング発表 はコメントを受け付けていません。

 楽天の子会社「kobo.inc」が運営する「kobo イーブックストア」は、14日、2012年に売れた電子書籍のランキングを発表した。
 集計期間は、7月19日~11月15日。

 総合ジャンルで、第1位となったのは、ヤマザキマリ氏のマンガ『テルマエ・ロマエ(1巻)』。映画化など大きな話題となり、各ストアで上位を占める作品だが、koboイーブックストアでも総合第1位との結果になった。

 続いて第2位は、『つい他人に自慢したくなる 無敵の雑学』と他のストアではあまり目にしない雑学本が入った。
 第3位は映画化作品の『天地明察(上巻)』。こちらも各ストアで人気の作品だ。
 第4位には、山崎武也氏のビジネス書『一流の品格、三流どまりの品格』。安い価格での販売だったため、目立っているようだ。

 小説ジャンル、コミックジャンル、ビジネスジャンルとジャンルごとのランキング発表、また男女別、年代別など、電子書籍ストアならではのランキングも発表されている。
 今年7月に始まったばかりの「kobo イーブックストア」だが、今後はAmazonなど多くのライバルとしのぎを削ることになる。
 その中で、来年はどのようなランキングになるのか注目どころだ。

●総合ジャンル
1位『テルマエ・ロマエ(1巻)』(ヤマザキマリ)
2位『つい他人に自慢したくなる 無敵の雑学』(なるほど倶楽部)
3位『天地明察(上巻)』(冲方丁)
4位『一流の品格、三流どまりの品格』(山崎武也)
5位『へルタースケルター』(岡崎京子)
6位『天地明察(下巻)』(冲方丁)
7位『のぼうの城(上巻)』(和田竜)
8位『探偵はバーにいる』(東直己)
9位『テルマエ・ロマエ(2巻)』(ヤマザキマリ)
10位『のぼうの城(下巻)』(和田竜)

●小説ジャンル
1位『天地明察(上巻)』(冲方丁)
2位『天地明察(下巻)』(冲方丁)
3位『のぼうの城(上巻)』(和田竜)
4位『探偵はバーにいる』(東直己)
5位『のぼうの城(下巻)』(和田竜)
6位『トッカン 特別国税徴収官』(高殿円)
7位『空中ブランコ』(奥田英朗)
8位『イン・ザ・プール』(奥田英朗)
9位『清須会議』(三谷幸喜)
10位『悪の教典(上巻)』(貴志祐介)

●コミックス(シリーズ)ジャンル
1位『宇宙兄弟』(小山宙哉)
2位『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)
3位『ONE PIECE モノクロ版』(尾田栄一郎)
4位『へルタースケルター』(岡崎京子)
5位『進撃の巨人 』(諫山創)
6位『ジョジョの奇妙な冒険 第3部 モノクロ版』(荒木飛呂彦)
7位『GIANT KILLING』(ツジトモ)
8位『社長 島耕作』(弘兼憲史)
9位『JIN―仁―』(村上もとか)
10位『寄生獣』(岩明均)

関連情報はこちら

2012年 年間ランキング(kobo)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る