電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

Googleから純正タブレット「Nexus 10」が発売-世界発売から3ヶ月遅れでようやく

2013.02.05

Googleから純正タブレット「Nexus 10」が発売-世界発売から3ヶ月遅れでようやく はコメントを受け付けていません。

Nexus 10

 12月5日、Googleは、日本国内での発売が延期となっていた純正タブレット「Nexus 10」の販売を開始した。
 「Nexus 10」は、昨年10月に発表され、11月より世界8カ国で販売開始する予定だったが、日本での発売のみ延期となっていた。

 「Nexus 10」は、名称通り10型(10.055インチ)のディスプレイを備えたタブレット。
 解像度は、WQXGA(2560×1600・300ppi)で、Appleの第4世代よりiPadよりも高精細を誇る。
 他の点でもiPadと比較すると、重量が約49g軽い603g、厚さも0.5mm薄い8.9mmとなっている。

 CPUは、サムスン製Samsung Exynos 5 Dual(1.7GHz)でデュアルコア。2GBのメモリーを搭載している。マイクロUSB、マイクロHDMIに対応するが、SDカードスロットはない。
 500万画素の背面カメラ、190万画素のフロントカメラ、ステレオスピーカーなどを備えている。
 ストレージは、16GBと32GBが用意されており、それぞれ価格は3万6800円、4万4800円にて販売されている。

 「Nexus 10」には、最新のAndroidOS「Android 4.2」が搭載されている。
 「Android 4.2」は、マルチユーザー機能に対応しており、ホーム画面やアプリ、ストレージなどを簡単に切り替えて、複数ユーザーが使うことができる。また、一人で使う場合にも、仕事用・プライベート用と用途を切り替えての利用も簡単だ。

 「Nexus 10」は、Google純正端末だが、製造は韓国・サムスンが担当。Nexusシリーズには、「Nexus 7」タブレットがあり、こちらは台湾・ASUSが製造を担当している。また、スマートフォンの「Nexus 4」は韓国・LG電子が製造を担当している。

 タブレットは、様々なメーカーが様々な製品を発売しているが、世界の動向としては比較的安価な入門用タブレットのニュースが多い。
 その中で、「Nexus 10」は様々な面でiPadを意識した高機能タブレットとなっている。OSレベルでは、AndroidユーザーがiOSを上回る昨今、その大元でもあるGoogleから発売されるこのタブレットが日本でも人気を呼べば、また新たな動きが出てきそうだ。

関連情報はこちら

Nexus
Google Nexus 10 タブレット国内発売、16GB 3万6800円から(Engadget Japanese)
Google、「Nexus 10」を日本発売、16GBで3万6800円(bizmash!)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る