電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

カテゴリー:国内の電子書籍事情

法人向け電子雑誌配信サービスを2013年1月より開始

2012.12.13

法人向け電子雑誌配信サービスを2013年1月より開始 はコメントを受け付けていません。

 12月13日、京セラ丸善システムインテグレーションは、2013年1月より、企業向け電子雑誌配信サービス「qlip it!」(クリップ イット)の販売を開始することを発表した。

詳細を見る

7インチ以下タブレットが市場を底上げ-電子書籍市場にも影響あるか?

2012.12.12

7インチ以下タブレットが市場を底上げ-電子書籍市場にも影響あるか? はコメントを受け付けていません。

 12月5日、MM総研は、2012年度上半期の国内タブレット市場の出荷状況を発表した。出荷台数は193万台となり、昨年と比べ82.1%増となっている。 2012年度通期では、450万台(前年比61.9%増)と予測した。

詳細を見る

ネットユーザーが期待する端末は「iPad mini」、ストアは「Kindleストア」との結果に-eBook USER調査

2012.12.12

ネットユーザーが期待する端末は「iPad mini」、ストアは「Kindleストア」との結果に-eBook USER調査 はコメントを受け付けていません。

 12月12日、インターネットニュースサイト「ITmedia」の電子書籍部門「eBook USER」は、電子書籍に関するアンケート調査を行い、その結果を公表した。

詳細を見る

電子書籍取次が2012年の売上ランキングを発表!-提供3ストアの売上から集計

2012.12.12

電子書籍取次が2012年の売上ランキングを発表!-提供3ストアの売上から集計 はコメントを受け付けていません。

 電子書籍取次のブックリスタは、12月12日、同社が電子書籍を提供するストアからの売上実績を集計した「ブックリスタ年間ランキング2012」を発表した。

詳細を見る

電子書籍はスマホよりタブレットで読むユーザーが多い-タブレットに関する利用調査

2012.12.11

電子書籍はスマホよりタブレットで読むユーザーが多い-タブレットに関する利用調査 はコメントを受け付けていません。

 12月11日、インターネットメディア総合研究所(インプレスR&D)は、「タブレット利用動向調査報告書2013」の販売を13日より開始することを発表し、その概略を公表した。

詳細を見る

開高健のオリジナル電子版全集刊行-小学館が2013年5月より全20巻で

2012.12.10

開高健のオリジナル電子版全集刊行-小学館が2013年5月より全20巻で はコメントを受け付けていません。

 12月10日、小学館は、2013年5月より開高健氏の小説・エッセイ・対談・ルポなどを、電子書籍版として新たなに編集した「開高健 電子全集」を配信することを発表した。 価格は1巻1000円の予定。

詳細を見る

パブーがKindleストアと連携-KDPを利用せずにAmazonにも配信可能に

 個人出版サービスを展開するパブーは、12月6日、月額525円の有料版サービス「プロ版」を発表した。

詳細を見る

日本語ワープロソフト「一太郎」が進化-EPUB固定レイアウト・Kindleへの対応も

2012.12.05

日本語ワープロソフト「一太郎」が進化-EPUB固定レイアウト・Kindleへの対応も はコメントを受け付けていません。

 12月4日、ジャストシステムは同社の日本語ワープロソフト「一太郎」の新バージョンとなる「一太郎2013 玄」を発表した。  「一太郎2013 玄」の大きな特徴となるのが、電子書籍フォーマットへの変換機能だ。

詳細を見る

格安航空機内で電子雑誌を提供-ジェット・スター、凸版印刷が共同でサービス

2012.12.05

格安航空機内で電子雑誌を提供-ジェット・スター、凸版印刷が共同でサービス はコメントを受け付けていません。

 12月4日、日本経済新聞が報じたところによれば、凸版印刷は、LCCのジェット・スター航空と共同で、同社の航空機内で「iPad」を貸し出し、電子雑誌などを閲覧するサービスを始めるという。

詳細を見る

紙書籍に対する電子書籍の割合は5%程度-ただしエヴァは20%の高割合に

2012.12.03

紙書籍に対する電子書籍の割合は5%程度-ただしエヴァは20%の高割合に はコメントを受け付けていません。

 11月30日、角川グループホールディングスの会長、角川歴彦氏が同社の文学賞の授賞式挨拶にて、電子書籍の売上について語った。  それによると、通常、電子書籍の割合は、紙書籍の売上の5%程度となるという。

詳細を見る

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る