電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

カテゴリー:図書館の電子書籍利用

『グイン・サーガ』ほか栗本薫氏の直筆原稿をデジタル化し公開-ネットでも一部閲覧可能に

2013.04.03

『グイン・サーガ』ほか栗本薫氏の直筆原稿をデジタル化し公開-ネットでも一部閲覧可能に はコメントを受け付けていません。

グイン・サーガ

 4月1日、葛飾区立図書館は、作家・栗本薫氏の長編ファンタジー小説『グイン・サーガ』などの直筆原稿をデジタル化し、一般公開を開始した。

詳細を見る

SF作家・小松左京氏の『日本沈没』生原稿を電子書籍化-創作メモや未公開草稿も電子化

2013.03.18

SF作家・小松左京氏の『日本沈没』生原稿を電子書籍化-創作メモや未公開草稿も電子化 はコメントを受け付けていません。

『日本沈没』の生原稿を電子書籍化

 3月17日、2011年に亡くなったSF作家・小松左京氏の著作権管理を行う株式会社イオは、同氏の代表作『日本沈没』の生原稿を電子書籍化し、販売を行うことを発表した。 生原稿は、各地の図書館向けに販売されるもので、一般に販売されるかは不明。

詳細を見る

「エロエロ草紙」が第1位に-文化庁eBooksプロジェクトの実験結果が発表

2013.03.09

「エロエロ草紙」が第1位に-文化庁eBooksプロジェクトの実験結果が発表 はコメントを受け付けていません。

文化庁eBooksプロジェクト

 3月7日、文化庁は2月1日~3月3日の期間、国立国会図書館のデジタル資料を電子書籍として配信する実験を行い、その結果を発表した。

詳細を見る

国会図書館がデジタル化資料2万3千点をネット公開-公開総数は約45万点に

2013.02.21

国会図書館がデジタル化資料2万3千点をネット公開-公開総数は約45万点に はコメントを受け付けていません。

国会図書館

 2月21日、国立国会図書館は、著作権保護期間の満了した図書資料2万3千点をインターネットで公開した。 これらの資料は既にデジタル化が済んでおり、これまでは国会図書館内での閲覧に限って公開していた。

詳細を見る

国立国会図書館が電子書籍・電子雑誌を収集-当面無償・DRMなしのコンテンツのみ収集

2013.01.31

国立国会図書館が電子書籍・電子雑誌を収集-当面無償・DRMなしのコンテンツのみ収集 はコメントを受け付けていません。

国立国会図書館

 国立国会図書館は、1月30日、国立国会図書館法の一部を改正する法律が7月1日より施行されることに伴い、関係者向けの説明会を行った。

詳細を見る

国会図書館の希少資料を電子書籍として無料配信-民間企業が初参加

2013.01.29

国会図書館の希少資料を電子書籍として無料配信-民間企業が初参加 はコメントを受け付けていません。

文化庁eBooksプロジェクト

 2月1日より、国立国会図書館が所蔵している作品を、電子書籍ストアにて無料配信する実証実験が開始される。 今回の実証実験は、国立国会図書館が所蔵するデータを、民間企業が活用する初の試みとなる。

詳細を見る

インターネットから貸し出し可能-札幌市中央図書館で電子図書館を14年に開始

2012.10.30

インターネットから貸し出し可能-札幌市中央図書館で電子図書館を14年に開始 はコメントを受け付けていません。

札幌市中央図書館は、インターネットを通じて電子書籍の閲覧や貸し出しを行うサービスを2014年度中にも開始する。 札幌市中央図書館の方式では、利用者は図書館へ来館せずに、インターネット上から閲覧、貸し出しを利用できる仕組み。

詳細を見る

貸し出し回数に応じた従量制価格も?-図書館の電子書籍利用について提言

2012.10.29

貸し出し回数に応じた従量制価格も?-図書館の電子書籍利用について提言 はコメントを受け付けていません。

電子図書館

一般社団法人 日本電子出版協会は、10月18日、公共図書館における電子出版への留意点についてまとめウェブサイト上にて公開した。

詳細を見る

図書館が希少な歴史書を電子書籍配信

2012.10.24

図書館が希少な歴史書を電子書籍配信 はコメントを受け付けていません。

希少な本

秋田県立図書館は、希少な資料や雑誌のバックナンバー約2000冊の電子書籍の貸し出しサービスを10月19日より開始した。都道府県の県立図書館で、電子書籍の配信を行うのは初のケースとなる。

詳細を見る

図書館で電子書籍と紙の本を同時貸し出し

2012.10.24

図書館で電子書籍と紙の本を同時貸し出し はコメントを受け付けていません。

図書館

愛知県豊橋市は、10月24日、整備基本計画案を公表し、その中で紙の本と電子書籍を備える「ハイブリッド図書館」を新設することを明らかにした。

詳細を見る

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る