電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

BookLiveが配信電子書籍をカタログ化-コード入力による購入に対応

2013.03.27

BookLiveが配信電子書籍をカタログ化-コード入力による購入に対応 はコメントを受け付けていません。

カンタン電子書籍カタログ

 3月25日、BookLiveは同社の電子書籍リーダー「Lideo」購入者向けに、配信されている電子書籍を一覧化したカタログの配布を開始することを発表した。

 これにより、「Lideo」ユーザーは、カタログ記載の番号を打ち込むことで作品購入ページにジャンプすることが可能となる。
 なお、カタログには人気作品・3000点のコードのみが掲載されており、全作品が網羅されているわけではない。
 カタログは、「Lideo」購入者への無料配布の他、販売店店頭にも設置するという。

 「Lideo」は、元々、インターネットに詳しくなく、電子機器にも慣れていないユーザーにも使えるようにというコンセプトで販売を行っている。
 このため、これらのユーザーに向けたサービスを次々に行っているが、今回のカタログ提供もその一環となる。

 元々、電子書籍、またネット書店は、リアル書店に比べて、一覧性が低い。
 これにより、ネット書店は目的買いが多く、リアル書店ではながら買い、ついで買いが多いとされる。
 インターネットに詳しくないユーザーの場合、一覧性が低く、見渡した中から自身の興味のあった作品を選択していく買い方のできないネット書店とは親和性が低い。

 その中で、カタログという形式で擬似的に一覧性を提供するのは、面白い試みと言える。
 これが直接的に売上に結びつくわけではないと思うが、きめ細かいサービスによるユーザーに活性化を図る姿勢には好感が持てる。

関連情報はこちら

著者名・作品名でお探しの本を見つけられる「BookLive!のカンタン電子書籍カタログ」を配布(プレスリリース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る