電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

Amazonが「Kindle Fire HD 8.9」を発売-量販店店頭での販売も開始

2013.03.12

Amazonが「Kindle Fire HD 8.9」を発売-量販店店頭での販売も開始 はコメントを受け付けていません。

Kindle Fire HD 8.9

 3月12日、Amazonは、同社のタブレット端末「Kindle Fire」シリーズの大画面モデルとなる「Kindle Fire HD 8.9」を発売した。
 「Kindle Fire HD 8.9」は昨年9月に世界各国で発売が開始されていたが、国内では投入が遅れ、2月27日より予約が開始されていた。

 「Kindle Fire HD 8.9」は、名称通り、8.9インチのディスプレイを備えたAndroidタブレット。「Kindle Fire」シリーズの最上位機種との位置づけとなるモデル。
 価格は、16GBモデルが24800円、32GBモデルが29800円となっている。

 なお、同日よりAmazonでのネット販売の他、エディオン、キタムラ、ケーズデンキ、コジマ、ソフマップ、ジョーシン、ピーシーデポ、ビックカメラ等の家電量販店店頭での販売も開始された。

 タブレット端末は、世界各国のメーカーから発売されている。
 機能面や価格など様々なものがあり、タブレットという市場を築いたAppleに迫るメーカーはないものの、市場全体としては徐々にAppleの存在感は小さなものとなっている。

 Amazonは、Kindleというブランドを活かし、電子書籍リーダーのKindleシリーズで掴んだ顧客を逃さず、タブレット市場でも存在感を示している。
 また、独自のApp Storeを運営しており、Amazonの中で電子書籍からアプリまでが購入できる、独自で完結する仕組みを構築している。

 既にタブレット市場には、Microsoft、Googleといったインターネット業界で大きなブランドを持つ企業も参画しシェア争いが厳しくなっている。今後、Amazonがこの中でどこまで存在感を示せるかに注目が集まっている。

関連情報はこちら

Kindle Fire HD 8.9 16GB (Amazon)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る