電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

1位になったKindle本『Gene Mapper』はどのくらい売れたのか?-成果を著者がブログで報告

2012.11.06

1位になったKindle本『Gene Mapper』はどのくらい売れたのか?-成果を著者がブログで報告 はコメントを受け付けていません。

Gene Mapper

日本でKindleストアがオープンして1週間以上が過ぎた。まだKindle本体は予約受付中で、実際に本体が一般ユーザーの元に届くのはまだ先となる。

しかし、Amazonが電子書籍に本格参入というニュースは大きなものがあり、早速他の電子書籍ストアで様々な動きがあったり、電子書籍端末が続々価格を改定し始めたりと、Kindleへの対抗が始まっている。

いよいよ本格的な動きが始まった印象があり、というかこのサイト「電子書籍NOW!」も再び稼働し始めたりした。

 

さて、そんなKindleストアだが、多くの出版社が参入し注目を集めると同時に、出版社ではなく著者自身が電子書籍を販売できる「Kindleダイレクト・パブリッシング」への注目も集まった。

その中でも、以前から積極的に活動をしていた藤井太洋氏の『Gene Mapper』への注目は高く、ソーシャルメディアを中心に騒がれたこともあり、Kindleへの登録以降、一気に売上が上がり、著名コミックなどと並び、Kindleストアランキングで上位(自分が見た限りでは最高2位だと思います)に上り詰めた。

更には、Kindle本というランキングではなく、紙書籍が並ぶAmazonランキング、文学・評論部門へもリストアップされ、そこでは居並ぶ著名作家・ベストセラー作家の上に立つ第1位を見事に獲得してみせた

単にKindle本というだけではなく、Amazonが紙書籍と同じランキングに入れるというのも面白い試みだが、その中でも注目を集めるというのは並大抵ではない。
となると、気になることは、果たしてどのくらいの部数が売れたのか、ということだろう。

 

この点について、『Gene Mapper』公式サイト上のブログで藤井太洋氏が言及している
それによると、

この9日間で数多くの方々から支持を頂いたことで、Gene Mapperの出版部数=実売部数は2,200に達した。その1/3ほどが、Kindleストアでの販売だ。やはりKindleがデジタル・セルフ・パブリッシングの本格的な幕を開けたと言っていいだろう。

ということだ。
おおよそだが、9日間で700部以上が売れた計算となる。

 

また、ランキング1位になったことについては、

原因は、在庫切れだろう。ランキングの上位(「文学・評論」で10位程度)あたりでは一日の販売数が30-50冊ほどになる。評価の定まっていない新刊の書籍には、この壁がなかなか破れないだろう。「Gene Mapper」とずっと肩を並べている「のぼうの城」はKindle本との併売だ。

としている。

確かに、たまたま管理人が見たときに『Gene Mapper』の下につけていたのは、数年ぶりの新作を発表した横山秀夫氏の『64』だったが、翌日には価格表示がなくなっており、在庫切れとなっていた。

 

一方、興味深いのは、

ただ、価格を下げていないKoboでも販売が完全に止まっているわけではない。月末には「SF・ファンタジー」ジャンルで4位に浮上した。キャンペーンを行っていない間の公式サイトの売上はほとんどないのだから、やはりプラットフォームの力というものは侮れない。

との言及だ。
ここからは、電子書籍配信サイトが乱立する一方、ユーザーはわざわざ乱立した様々な配信サイトで購入するのではなく、例えばkobo touchを買った人はkoboイーブックストアで、ReaderならReader Storeで、といったような特定の配信ストアを利用する姿が見えてくる。

 

著者や出版社は、正直なところ、売れるところで無茶な条件を突きつけられなければ、別にどこで読者が買ってくれようがあまりこだわらないだろう。
一方で、読者とすれば先般の「Raboo」のように、妙なところで買ったばかりに、買ったはずの電子書籍が読めない、という事態さえある。

今後は欲しい本が「見つかり」「買えて」「なくならない」。そんなプラットフォームとしての電子書籍配信ストアが求められるということだ。

 

Kindle自費出版ガイド
さて、最後に、今(11月6日17時)にKindleストアを見たら、Kindle本ランキング第1位に『Kindle自費出版ガイド 米アマゾンの先例から学ぶ電子書籍の作り方』が入っていた。100円という低価格、タイミングがばっちりあったことでの成果だと思う。

ちなみにこちらのKindle本も紙書籍と同じ土俵(コンピュータ・IT)ランキングで1位となっている。こちらもどのくらいの冊数が売れたのか気になるところだ。

 

■詳しくはこちら
Amazonの「本」でランキング入り(公式ブログ)
『Gene Mapper』公式サイト
『Gene Mapper』Amazon販売ページ 

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る