電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

鹿児島市が広報誌を電子書籍形式で提供-モバイル・タブレットにもアプリで対応

2013.01.24

鹿児島市が広報誌を電子書籍形式で提供-モバイル・タブレットにもアプリで対応 はコメントを受け付けていません。

鹿児島市広報誌

 鹿児島市は、これまで印刷版のほかに、インターネット上でPDFファイルとして配布してきた広報誌(「かごしま市民のひろば」)を、1月より電子書籍として公開している。
 これにより、FlashPlayerが入ったパソコンでは、ペラペラとページをめくる感覚で閲覧することが可能となった。

 また、併せてiPhone、iPad、Android端末にも対応。
 これらのデバイスでは、スターティアラボが提供する無料のActiBookアプリをダウンロードして閲覧する。

 旧来より行われてきたPDF形式での配布も継続的に行われているが、1ページごとに切り分けられたファイルで公開されており、電子書籍形式にしたことで利便性は増した。

 ところで、鹿児島市のウェブサイトでは、広報誌が昭和20年代のバックナンバーより公開されている。また、同じく広報誌の「市民フォト鹿児島」も創刊号からPDFにて公開されている。
 電子書籍の形式にこだわるわけではないが、電子アーカイブとしてこういったデータを残せる試みには面白いものがある。

関連情報はこちら

鹿児島市広報デジタルアーカイブ

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る