電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

顧客満足度第1位の電子書籍ストアは?-「電子書籍アワード2012」発表

2012.12.07

顧客満足度第1位の電子書籍ストアは?-「電子書籍アワード2012」発表 はコメントを受け付けていません。

 12月7日、株式会社イードは、「電子書籍アワード2012」の結果を発表した。
 アンケートは、10月25日~11月7日までウェブ上で実施。有効投票数は3041票。

 このアンケートは、もっとも使用頻度の高いデバイスにおいて電子書籍サービスを利用している人に対し、その満足度を調査する目的で行われた。
 投票数は3千票余りと少ないものの、実際に利用したことがあるサービスを評価するもので、これから利用したい人にとっては参考となる結果となるだろう。

 さて、そんな「電子書籍アワード2012」は、PC、スマートフォン、PC+スマートフォン、専用端末の4ジャンルで発表されている。

 また、評価項目は「書籍のラインナップ」「使いやすさ(操作の快適性)満足度」「画面のデザイン」「無料コンテンツ(試し読みなど)の充実度」「コストパフォーマンス満足度」「ブランドイメージ」「使用出来る端末の豊富さ」「サイトの信頼性・安全性」「トラブル時のサポート対応」の計9項目。
 各ジャンルの中で、もっとも多くの項目で票を集めたストアが、最優秀賞となる形。

 

 これによると、PCジャンルの最優秀賞は「BookLive!」となった。

 ラインナップ、使いやすさ、トラブル時の対応など、9部門のうち7部門で投票を集め、最優秀賞となっている。

 スマートフォンジャンルでの最優秀賞は、「BOOK☆WALKER」。
 こちらはラインナップ、端末の豊富さなど5ジャンルで人気を集め、3ジャンルで投票を集めた「eBookJapan」を振り切った。

 PC+スマートフォン部門では、Fujisan.co.jpが、6ジャンルで人気を集め最優秀賞に、専用端末ではAmazonのKindleが最優秀賞となった。

 また、マンガ部門では「電子書店パピレス」が、小説部門では「BookLive!」がそれぞれ最優秀賞となっている。

 この結果が全てではないが、今後の利用の一つの参考になる結果かも知れない。

関連情報はこちら

電子書籍アワード2012 結果発表について~ 群雄割拠の電子書籍サービスをユーザー満足で調査~(プレスリリース)
イード・アワード2012 電子書籍部門

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る