電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

韓国で電子書籍が再活性化:昨年比50%増に

2012.10.24

韓国で電子書籍が再活性化:昨年比50%増に はコメントを受け付けていません。

韓国

韓国では、電子書籍市場が停滞から、再活性化を見せている。
10月21日時点での韓国国内の電子書籍コンテンツは、約15万種類に上り、昨年末から約50%ほど増加したという。

 

韓国の大型書店「教保文庫」では、取り扱い電子書籍コンテンツは13万種類に増え、毎月2000種類以上の電子書籍が投入されている。また、当初は文学が中心だったコンテンツも、人文学や社会関連、更に大統領選関連のコンテンツなど、徐々に増えている。

 

日本を始め、各国ともに共通だが、紙媒体の書籍を発行する出版社が、電子書籍に積極的に取り組む姿勢を見せ始めたのが、そのきっかけだという。

 

また、大型書店が協力して発売した電子書籍専用端末も8000台が売れ、専用端末市場全体では10万台が予想されるなど、昨年度から2倍以上に拡大している。

 

■情報元はこちら

電子書籍コンテンツが15万に、活性の兆し[媒体] – NNA.ASIA

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る