電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

電子版「Newton」の英語版をリリース-日本語版の成功に続けるか?

2013.01.22

電子版「Newton」の英語版をリリース-日本語版の成功に続けるか? はコメントを受け付けていません。

Newton

 ニュートン及びニュートンプレスは、1月17日、科学雑誌「Newton」英語版を電子書籍としてリリースした。対象は、iPhone、iPad。
 英語版だが、日本国内でも利用可能。App Storeからダウンロードできる。

 「Newton」英語版は、1号450円(4.99ドル)。定期購読の場合、月額250円(2.99ドル)、年額2600円(29.99ドル)で利用できる。
 すべてのテキストには、音声読み上げがついており、英語の学習にも利用できる。

 創刊号は無料。
 創刊号の内容は、太陽の誕生(動画で46億年前の光景を再現)、イエローストーン国立公園(動画でマグマの分布と活動を見られる)、振り子の等時性(バーチャル実験室で触って実験)、ブライアン・グリーン / ナタリー・バタルハ(超ひも理論・NASAの系外惑星ミッションについて第一人者にインタビュー)などとなっている。

 「Newton」日本語版は、昨年10月、定期購読者が1万人を突破
 印刷版とは違うインタラクティブ性を追求した紙面構成で人気を集めている。

 昨今の電子書籍は、一般に印刷版の内容をそのまま電子版に置き換える形が主流だ。ただ、電子版ならではの内容(電子版にしかできない構成)が求められる分野もあり、「Newton」はそこをうまくとらえて読者を伸ばしている。
 もっとも、全ての印刷版読者をとらえているわけでもなく、印刷版公称部数28万部には届いていない。

 とは言え、既に日本語版で一定の成功を収めた電子雑誌が、世界へと簡単に展開することが可能なのも電子版の大きな特徴だ。
 簡単には利益が得られるものではないと思うが、成功事例が出てくれば面白いことになりそうだ。

関連情報はこちら

iPad&iPhone向け Newton英語版創刊のお知らせ
Science Magazine Newton(iTunes)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る