電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

電子書籍端末の出荷台数は982万台に-ただし昨年比はダウン。来年以降更なるダウンも

2012.11.15

電子書籍端末の出荷台数は982万台に-ただし昨年比はダウン。来年以降更なるダウンも はコメントを受け付けていません。

 Digitimes Researchの調査によると、世界の電子書籍端末は、2012年第4四半期に前四半期と比べ92%アップし、457万台が出荷されるという。
 しかし、この数字は昨年同期と比べると、49.1%ダウンであるともいう。

 これにより、2012年1年間の出荷台数は、982万台となり、2011年と比べ57.3%の減少となる。

 世界シェアでは、Amazon(Kindle)が55%、楽天子会社となったkoboが20%、バーンズ&ノーブルが10%、ソニー(Reader)が6%となる。

 電子書籍端末は、タブレットとスマートフォンとの競争が激化している。このため、徐々に販売は下がると予測されており、2013年は820万台、2014年は650万台、2015年は500万台と予測されている。

 先般、本サイトの記事の中でもAmazonのアメリカにおけるシェアは55%としたが、その中には同社販売のタブレット「Kindle Fire」のシェア18%が含まれている。
 今後、電子書籍専用端末の未来はあまり明るいものではないようだが、各社タブレット端末を並行販売するなどして、積極的にシェアの拡大を狙っている姿が見える。

 ただ、タブレット市場には、先行するAppleの他、Google、Microsoftといった世界的IT企業も控えており、ますます競争の激化が予測される。

関連記事はこちら

4.57 million e-book readers to be shipped globally in 4Q12(Digitimes Research・英語)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る