電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

電子書籍専用リーダー利用者は、1000人中たった19人-インターネットコム定期調査

2012.12.21

電子書籍専用リーダー利用者は、1000人中たった19人-インターネットコム定期調査 はコメントを受け付けていません。

電子書籍リーダー

 インターネットコムは、12月21日、「電子書籍についての調査」の結果概要を発表した。
 調査は、12月10日~12月13日の間、gooリサーチを使いインターネット上で実施。10代~50代以上の男女、1076人が回答した。

 調査によると、電子書籍を読んだことがある人は全体の32.6%で、読んだことがない人は67.4%とまだまだ利用者の増加には至っていないことが分かる。
 ただし、今後読んでみたいとした人は38.2%と、今後増加の可能性を感じさせる結果となった。

 一方で、電子書籍専用リーダーを使っている人は、たったの19人。
 シェア別に見ると、楽天「kobo」、Amazon「kindle」の順だが、19人ではシェア調査の意味すら為さない数字となっている。

 一方で、今後購入したいと答えた人のランキングでは、Amazon「kindle」が76.3%と圧倒。次点が楽天「kobo」で22.8%、続いてSONYの「Reader」(18.4%)となっている。BookLive!の「Lideo」は、3.5%となり、認知度の低さを伺わせる結果となった。

 インターネットコムの調査は、定期的に行われている。前回は9月で「kobo touch」は発売されていたが、Kindleは登場前。改めてその調査結果を見ても、電子書籍を利用したことがある人の数字はほとんど変わらない。
 以前より電子書籍に興味があり、これを利用していた人はそのまま継続しつつも、新規読者はそれほど増えていない現状が想像できる結果となった。

関連情報はこちら

電子書籍リーダー端末「Kindle」に対する人気は圧倒的―定期調査「電子書籍」(6) (インターネットコム)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る