電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

電子書籍を読みたいと思わない人は74%も!毎日新聞調査

2012.10.26

電子書籍を読みたいと思わない人は74%も!毎日新聞調査 はコメントを受け付けていません。

読書世論調査

毎日新聞は、読書週間にあわせ毎年実施している「読書世論調査」の結果を発表した。
同調査は時代に合わせ質問項目も替えているが、今年は電子書籍についての調査も行われた。

それによると、電子書籍を読んだことがある人は全体の14%。
世代別では、10代後半が35%、40代で2割、50代で1割以下となった。
また、読んだことがある電子書籍のジャンルでは、1位が小説で58%、2位がマンガで54%、その他雑誌25%、新聞22%などとなっている。

更に今後読みたいと思うか、という質問には、74%が「読みたいとは思わない」と回答しており、まだまだ電子書籍の普及にはほど遠いことがうかがえる。
その理由として「画面で文字を読むのは疲れる(34%)」、「使い方が難しそう(25%)」「紙の本に愛着がある(29%)」などが上げられた。

また、今後については「安くして欲しい」との要望が18%ともっとも多く、現在「読みたいと思わない」と答えた人であっても、安ければ購入に至る可能性があることを示している。

この調査の回答者は、16歳以上の男女2685人(対象4800人)。調査員が訪問の上、質問用紙を預け、後日回収する方法にて行われた。

■情報元はこちら
第66回読書世論調査:図書館委託、支持5割超 電子書籍「読んだ」14%(その2止)- 毎日jp(毎日新聞) | 

 

—————–
読書週間にあわせて、各社のアンケート集計結果が続々公開されていますが、この調査では読んだことがある人が少ない以上に、今後も読みたいとは思わないという人が非常に多いことが特徴でした。

やはり、一般にはまだまだ馴染みがなく、そのために自分が使っていることがイメージできないことが大きな理由だと思います。スマートフォンやパソコンで文字を見ていると目がチカチカしますしね。

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る