電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

角川グループ全作品をGoogle図書館プロジェクト対象外に-大手出版社としては国内初

2012.12.13

角川グループ全作品をGoogle図書館プロジェクト対象外に-大手出版社としては国内初 はコメントを受け付けていません。

 12月13日、角川グループホールディングスは、傘下の出版社の全作品を「Googleブックス図書館プロジェクト」の対象外とすることでGoogleと合意したことを発表した。
 全出版物を対象外とするのは、国内出版社としては初になる。
 既にデジタル化されている作品についても、Googleの検索結果に表示されないことになるという。

 「Googleブックス図書館プロジェクト」は、世界の公立図書館などに収められている蔵書をデジタル化し、ウェブ上で検索・閲覧ができるようにするもの。
 著作権の切れた作品は全文公開、著作権のあるものは一部を公開し、全てを読むには購入する必要性があるため、購入可能なリンク先へジャンプさせる仕組み。

 この図書館プロジェクトについては、世界各国で論争となっており、アメリカでは裁判で和解判決が出たものの、著作者を中心に反発が起き、決着には至っていない。
 角川グループでは、全作品を図書館プロジェクトから除外する一方、「Google Playブックス」上では電子書籍を配信しており、こちらとの関係から協議を重ねていた。

関連情報はこちら

角川グループホールディングス
角川グループ、傘下出版社の全作品をGoogleブックス図書館プロジェクトの対象外とすることを発表(カレントアウェアネス・ポータル)
グーグル、角川の本を電子化対象外に 「図書館プロジェクト」で合意(MSN産経ニュース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る