電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

東芝も電子書籍端末を値下げ-6,000円の値下げだが5,000円分のポイントはそのままでお得感あり

2012.11.06

東芝も電子書籍端末を値下げ-6,000円の値下げだが5,000円分のポイントはそのままでお得感あり はコメントを受け付けていません。

BookPlace DB50

東芝は、11月6日、同社の電子書籍リーダー「BookPlace DB50」を6,000円値下げし、15,900円(値下げ前21,900円)と価格改定した。

 

「BookPlace DB50」は、「BookPlaceストア」で使える電子書籍端末。7インチのカラー液晶を搭載したタッチパネル式のディスプレイが特徴。また、BACKボタン(1つ前のページに戻る)、CONTINUEボタン(前回読んでいた電子書籍のページに戻る)などハードボタンを搭載していることも特徴で、専用端末らしさを備えている。

内蔵ストレージは8GBで、他に2GBまでのmicroSDカード、または32GBまでのmicroSDHCカードを入れることができる。カラーディスプレイのため、バッテリー駆動時間は7.5時間と短い。

なお、「BookPlace DB50」は、AndroidをベースとしたOSを積んでいるため、ウェブブラウジングなどは可能だが、アプリの追加などはできない。ただし、「BookPlace」で購入した電子書籍はPCやタブレット、スマートフォンからも閲覧可能となっている。

今回の価格改定でお求めやすくなったが、従来通り「BookPlaceストア」で利用できる5,000ポイント(5,000円相当の書籍購入ポイント)の付属は継続する。

 

国内では、Amazonが予約受付中の専用端末「Kindle」の登場を控え、11月2日にはソニーが電子書籍端末Readerの「PRS-G1」を4000円値下げするなど、価格競争が始まっている。

 

 

■情報元はこちら
・製品紹介ページ:東芝:dynabook.com | 電子ブックリーダー BookPlace
・直販ページ:BookPlace DB50/25E microSDHCカード4GB(無料)セットモデル 型番:PDB5025ENAW-SD: 個人向けPC | 東芝ダイレクト
【PC Watch】 東芝、電子書籍端末「BookPlace DB50」を直販で5,000円値下げ ~5,000ポイント付きで15,900円

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る