電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

本日発売の「KindlePaperwhite」の実機レビュー

2012.11.19

本日発売の「KindlePaperwhite」の実機レビュー はコメントを受け付けていません。

外装

 本日、Kindleが遂に発売となった。
 早速、様々なサイトで実機レビューが行われているが、せっかくなのでこのサイトでもざっと写真付きでご紹介したいと思う。

 購入したのは、「KindlePaperwhite」のWi-Fi版。
 3Gが使えないので、出先で急遽ダウンロードしたい、なんてときには使えないが、安価なので、電子書籍端末が一台欲しい、というときにはオススメのアイテム。 

 
 まずは、外装。
 黒を基調にしたダンボール箱だが、Appleとは違うぞということなのだろうか。

 箱を開けるとこんな感じ。
 既に画面がついているが、上に紙でも貼り付けているといった印象。
 この辺がE Inkの電子ペーパーならではの味わいだ。

ケーブル 本体を取り出すと、下にはmicroUSBケーブル。

説明書 説明書は、様々な言語で書かれており、日本語は見開き1ページだけ。

 ここからはざっと設定画面を。
 まずは、起動。続いて言語の設定。これでイントロは終わり。

チュートリアル 続いてWi-Fiの設定。サーチしてくれるので、使用するWi-Fiし、パスワードを入力。
 その後は、チュートリアルが始まるが、ここでは1ページだけ画像を載せた。

メイン画面 チュートリアルが終わると、本体メイン画面へ。
 チュートリアル中に一部ダウンロードが終わっていた。

設定画面 これは設定画面。
 なぜか時間が9時間ずれていたが、アメリカ時間か?

GENE MAPPER表紙 Kindle本の『GENE MAPPER』を表示。
 思ったより綺麗に表示される。

GENE MAPPER本文 続いて、文字画面。
 やはり読みやすそうだ。

エヴァ表紙 次は、マンガ。これは『エヴァンゲリオン』第1巻の表紙。

エヴァ表紙拡大 ダブルクリック(クリック?)で拡大表示される。

エヴァ目次 ジャンプしたいときは目次へ。
 画面上部に触れると、選択できる。

手に持つと 片手で十分に持てる。
 片手で持てるので、やはり通勤にもオススメだ。

紙と比べて こちらは書籍とサイズ比べ。
 左は、ちょっと大きめの文庫本であるハヤカワ文庫と比較。ほんのちょっとだけKindleの方が大きい。
 右は、ハヤカワのポケミス、ONE-PIECE、単行本などと比較。少年コミックよりは小さい。

充電 最後はおまけ。
 純正の充電パーツだが、別に純正でなくても何でもいけるとのこと。

 と、ざっとご紹介した。
 他のサイトでも様々な角度からKindleを紹介しているので、色々調べてみると面白いかもしれない。

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る