電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

定期購読すればタブレットが75%オフ-タイムズが仕掛けるバンドル戦略

2012.12.05

定期購読すればタブレットが75%オフ-タイムズが仕掛けるバンドル戦略 はコメントを受け付けていません。

 イギリスの新聞・タイムズは、同紙のデジタル版を18ヶ月間定期購読すれば、Google製タブレット端末「Nexus7」を50ポンドで手に入れられる、というキャンペーンを開始した。

 イギリスでは、「Nexus7」は199ポンドで販売されている。
 これを大幅に割り引き50ポンドで販売するが、そのためにはこのタブレットで読めるタイムズの定期購読が必要となる。

 定期購読は、1週間で4ポンド。
 このキャンペーンでは、最初にまとめて299ポンドを支払う方法が推奨されているが、これであれば定期購読自体も割引となる。

 つまり、本来「Nexus7」本体(199ポンド)と、定期購読(312ポンド)の合計511ポンドが必要なところが、299ポンドで提供されるということになる。

 このような仕組みは、実はタイムズが初めてではない。
 バーンズ&ノーブルが提供するNOOKでは、トリビューンなどが行っており、Android端末ではニューヨークタイムズが行ったこともある。

 先日、iPad専門誌として華々しくデビューを飾った「The Daily」がもろくも廃刊となったが、この轍を踏まないよう各紙それぞれが生き残りをかけて読者を獲得しようとしている。

 その中で、このようなバンドル版が一つの流行となっているようだ。
 日本でも、Androidタブレット「eden TAB」が、「日経ビジネス」1年分をバンドル販売したり、ハーレクインコミックスを購入できる1万ポイントをバンドルする販売方法をとっている。

 詳細は不明だが、こちらはタブレット販売側の戦略だろうが、海外でのバンドル販売はメディア側の仕掛けになる。
 日本でも、新聞各紙が有料デジタル版を展開しているが、もしかしたらそのうちこのようなバンドル版を仕掛けるところも現れるかもしれない。

 

関連情報はこちら

Get a Nexus 7 for just £50 when you subscribe to The Times(The Times・英語)
eden TAB

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る