電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

子ども向け電子書籍ストアを「GALAPAGOS STORE」が開設

2013.01.29

子ども向け電子書籍ストアを「GALAPAGOS STORE」が開設 はコメントを受け付けていません。

GALAPAGOS STORE

 1月29日、シャープは同社が運営する電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」にて、子ども向け電子書籍ストアとして、「GALAPAGOS STORE(ジュニア向け)」を2月1日より開始することを発表した。
 このサービスは、docomoより発売されるスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」向けの専用サービスとして展開されるもの。

 利用に当たっては、専用アプリ「電子書籍 GALAPAGOS Jr.」(端末プリインストール済み)経由で、会員登録を行うことで利用可能となる。
 2月1日時点での提供コンテンツは、書籍約1000冊、コミック9000冊の計1万冊でのスタートとなる。

 「スマートフォン for ジュニア SH-05E」が、小学生高学年から中学生をユーザー層として想定しているため、提供コンテンツも、この層に人気の作品を展開する。
 予定している作品としては、『ダレン・シャン1 奇怪なサーカス』『10分で読める伝記』『なぜ?どうして?科学のお話』など子ども向けの作品、また『ONE PIECE』『名探偵コナン』などの人気コミックなどがある。

 現在、「GALAPAGOS STORE」が提供している電子書籍コンテンツは、約86000点。このうち、子ども向けに展開される作品は、1割強となり、作品数としては十分かと思える。
 今回のサービスは、提携端末が1つのみ、サービスも1つのみと、あくまで実験的に行われるものだと思われるが、果たしてどの程度の利用を見込んでサービスを開始するのかは不明だ。

 ただ、全世界的に、子ども向け電子書籍市場は注目されており、特に子どもに多くの良質な本を読ませたいと思う親世代からの注目は高い。
 「GALAPAGOS STORE(ジュニア向け)」自体の成否はともかく、今後、子ども向け電子書籍市場がどのように立ち上がり、どのように子どもたちのなかに浸透し、どのようにその子どもたちを電子書籍市場の有力ユーザーとして成立させるか。
 このあたりにも電子書籍市場成功の鍵があるように思われる。

関連情報はこちら

電子コンテンツストアサービス「GALAPAGOS STORE」で、ジュニア層向け電子書籍配信サービスを提供開始(ニュースリリース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る