電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

国会図書館の希少資料を電子書籍として無料配信-民間企業が初参加

2013.01.29

国会図書館の希少資料を電子書籍として無料配信-民間企業が初参加 はコメントを受け付けていません。

文化庁eBooksプロジェクト

 2月1日より、国立国会図書館が所蔵している作品を、電子書籍ストアにて無料配信する実証実験が開始される。
 今回の実証実験は、国立国会図書館が所蔵するデータを、民間企業が活用する初の試みとなる。

 この試みは、「文化庁eBooksプロジェクト」と名付けられた「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験」の一環として行われるもの。
 具体的には、国立国会図書館が所蔵する作品をデジタルデータ化。そのデータを著作権処理などの事務的な手続きを行い。その後電子書籍として制作・配信するというもの。
 今回はあくまで実証実験ということで、2月1日~3月3日までの期間限定で行われるが、将来的には、デジタル化資料を有償配信に結びつける意図がある。

 今回の実証事件に参加するのは、電子書籍の制作で大日本印刷、配信は紀伊國屋書店(Kinoppy)が行う。ユーザーは、一部の作品に限られるが、全文検索も可能とのこと。

 今回配信される作品は、全13作品で、2回に分けて配信される。配信作品は下記の通り。

●2月1日配信
「絵本江戸紫」江戸中期の女性文化を描いた3巻の書籍。
「平治物語(絵巻)」平治の乱を描いた軍記物語
「おほかみ」上田萬年訳による明治時代のグリム翻訳作品
「コドモのスケッチ帖 動物園にて」竹久夢二の子ども向け作品
「羅生門」芥川龍之介作品の初版
「河童」芥川龍之介の直筆原稿
「エロエロ草紙」昭和初期の発禁本

●2月8日配信
「遠野物語」柳田国男の自費出版版
「格子戸の中」夏目漱石作品の初版
「腕くらべ」永井荷風の原書
「春と修羅」宮沢賢治作品の初版
「四又の百合」宮沢賢治の童話集。棟方志功の装丁。
「キシャデンシャ」昭和28年に出版された写真絵本。

 希少な作品を、ユーザーが電子書籍の形で容易に手に取ることができる試みには、面白いものがある。最終的に有償で提供されようとも、必要な人が必要なときにデータとして自由に取り出せることで、様々なメリットが考えられる。
 ユーザーからも多くの意見を取り入れて、より使いやすい形になってリリースされて欲しいものだ。

関連情報はこちら

国会図書館の蔵書、無料配信へ 企業と提携、電子書籍化(朝日新聞デジタル)
文化庁eBooksプロジェクトについて(プレスリリース・PDF)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る