電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

国会図書館がデジタル化資料2万3千点をネット公開-公開総数は約45万点に

2013.02.21

国会図書館がデジタル化資料2万3千点をネット公開-公開総数は約45万点に はコメントを受け付けていません。

国会図書館

 2月21日、国立国会図書館は、著作権保護期間の満了した図書資料2万3千点をインターネットで公開した。
 これらの資料は既にデジタル化が済んでおり、これまでは国会図書館内での閲覧に限って公開していた。

 今回公開された作品は、今年の1月に著作権保護期間の終了した柳田國男、吉川英治、室生犀星、中谷宇吉郎、正宗白鳥らの作品など。
  「国立国会図書館デジタル化資料」のうち、インターネットで公開された作品を集めた「近代デジタルライブラリー」では、下記の作品が例として紹介されている。

『魚眠洞随筆』室生犀星(新樹社)
『Usio no Oto』鳴海要吉(東京堂)
『蝸牛考』柳田國男(刀江書院)
『鳴門秘帖 前編』吉川英治(大阪毎日新聞社)
『冬の華』中谷宇吉郎(岩波書店)
『宝塚少女歌劇廿年史』宝塚少女歌劇団編(宝塚少女歌劇団)

 また、同日よりデジタル化した雑誌2万6千点を、国会図書館内での閲覧となる形で公開している。なお、書誌情報や、目次情報はインターネットでも公開されている。
 これで、国会図書館の提供するデジタル化資料の合計は約233万点、うちインターネットで公開しているのは約45万点となった。

関連情報はこちら

近代デジタルライブラリー
著作権処理の終了した図書2万3千点を新たにインターネット公開しました(プレスリリース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る