電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

出版デジタル機構が講談社の新書「ブルーバックス」52点を明日より配信

2012.11.15

出版デジタル機構が講談社の新書「ブルーバックス」52点を明日より配信 はコメントを受け付けていません。

 11月15日、出版デジタル機構は、経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」(略称:緊デジ)によって電子書籍化された、講談社の新書シリーズ「ブルーバックス」52点を、16日より配信することを発表した。

 今後は、偕成社、中央公論新社、筑摩書房、白水社、みすず書房の新書や学術書など、多数の出版社から様々な書籍を本格的に配信していく予定。

 配信先は、提携書店となる紀伊國屋書店BookWeb、koboイーブックストア、BookLive!などとなっている。なお、Kindleストアは提携が発表されておらず、今回の配信はない模様だが、今後については未定。
 出版デジタル機構自体は、Amazonへの対抗策として出発したと言われている組織だが、社長インタビューなどでは、Amazonも含め、条件が折り合えば提携先にこだわりを持たないとしている。

 

 さて、今回配信の決定した講談社「ブルーバックス」は、同社の新書シリーズの1つ。1963年創刊と歴史は古く、これまでに1891点の作品を出版している。累計発行部数も7000万部を超えるとのこと。
 基本的なコンセプトは、「科学をあなたのポケットに」をキャッチコピーとしていることからも分かるように、難解な科学的な内容を、一般に啓蒙・解説するもの。

 今回電子書籍化されたタイトルは、1988年から2009年までに出版されたもの。その中から重版を重ね、書籍として人気のものを中心に集めたとのこと。

 電子書籍化に際しては、図版が多用されていることから、フィックス(固定)フォーマットを採用。現時点では、ファイルフォーマットは不明だが、XMDFか、.book(ドットブック)形式のいずれかと思われる。

 フィックス型では、基本的に画像を積み重ねることで作成する。これは、古い書籍などDTPデータがない場合や、図版が多用されている書籍で利用されるもので、今回はこちらが採用された。
 今後、主流となると言われているEPUB3規格では、リフロー型が中心だが、データのない書籍の場合、1からデータを作り直し、また図版などがある場合には、多くの端末で問題なく表示されるかを確かめるなど、多くの手間が生じる。
 このため、今回はあえてフィックス型を採用したと考えられる。

 

 ところで、一つ気になるのは、緊デジによって電子書籍化された点。
 緊デジは、良い本を作っているが、しかし体力的に電子化に向ける力を出すことのできない中小企業を対象としたもの。
 この点は、緊デジウェブサイト(「出版社」の条件は?)にも記載されている。
 今回は、講談社という出版社の中では最大手の書籍を電子書籍化したようだが、この辺はどうなっているのだろうか?
 国からの補助金を受けた事業でもあり、気になるところだ。

関連記事はこちら

ブルーバックス(講談社ウェブサイト)
出版デジタル機構、11月16日より配信開始 配信第一弾は講談社「ブルーバックス」(プレスリリース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る