電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

出版デジタル機構が紀伊國屋書店と契約

2012.10.26

出版デジタル機構が紀伊國屋書店と契約 はコメントを受け付けていません。

出版デジタル機構

出版デジタル機構は10月26日、紀伊國屋書店と契約し、同機構がデジタル化した電子書籍を配信・販売することで合意した。

これにより、出版デジタル機構が提供する電子書籍が紀伊國屋書店BookWebにて配信・販売され、同社のアプリ「Kinoppy」で読むことも可能となる。
出版デジタル機構が電子書籍配信ストアと契約するのはこれが初。同機構では、今後他のストアとの提携も進めていく。

今後は、電子書籍の取次となるビットウェイと共同構築したシステムを使い配信をしていく予定。

出版デジタル機構は、産業革新機構、講談社他の出版社、大日本印刷、凸版印刷などが株主となり立ち上げられたもの。中小の出版社が費用負担なし(売上の一部を同機構が受け取る)に出版物を電子化できるなど、出版物のデジタル化を急速に進めている。
また、経済産業省の「コンテンツ緊急電子化事業」(緊デジ)と提携し、中小の出版社も含め、電子書籍を推進している。

■情報元はこちら
(株)出版デジタル機構
出版デジタル機構、紀伊國屋書店と契約締結 – 電子書籍情報が満載! | eBook USER
出版デジタル機構、紀伊国屋と最初の販売契約 | YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る