電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

今年人気の電子書籍はどれ?-「BookLive!」が年間売上ランキング発表

2012.12.06

今年人気の電子書籍はどれ?-「BookLive!」が年間売上ランキング発表 はコメントを受け付けていません。

 電子書籍配信ストア「BookLive!」は、12月6日、電子書籍年間ランキングを発表した。集計期間は、2012年1月1日~11月30日。

 マンガランキング第1位は、荒木飛呂彦氏の人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』。第1部~第8部までが電子書籍化されており、その合計で1位となった。
 第2位は、紙書籍では今でも大人気を誇る尾田栄一郎氏の描く海賊マンガ『ONE PIECE』。こちらは紙書籍と同じモノクロ版と、デジタル版専用で着色されたフルカラー版があるが、その合計でのランクインとなった。

 以下は、『宇宙兄弟』『NARUTO―ナルト―』『るろうに剣心』と続いており、少年ジャンプマンガの人気が電子版でも同様であることが分かる。一方で、集英社は電子書籍への参入そのものは遅れたものの、デジタル版ならではのフルカラー版という特徴を生み出すことで、紙版の読者も取り込んだとも見える。

 さて、活字コンテンツの第1位は、アニメ化もされた人気ライトノベル『カンピオーネ!』(丈月城・著)となった。
 第2位は、映画化で話題の『悪の教典』、第3位はこちらも映画化で話題の『のぼうの城』、第4位にはApple創業者の電気『スティーブ・ジョブズ』、第5位はアニメ化で人気を集めた『織田信奈の野望』が入った。

 「BookLive!」のランキングでは、マンガ、活字の両者と共に、オリジナルのジャンル分けである『男性マンガ』『女性マンガ』『ラノベ』『文芸』『ミステリー』『ビジネス・IT』と6つのジャンルランキングも発表されている。
 そろそろ紙書籍でも、『年間ランキング』が発表され賑わう時期となってきたが、各ストアが続々発表するであろう、電子書籍のランキングでは、意外に各社違いが出て面白いことになるかもしれない。

 

■マンガランキング
1位 『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)
2位 『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
3位 『宇宙兄弟』(小山宙哉)
4位 『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史)
5位 『るろうに剣心』(和月伸宏)
6位 『キングダム』(原泰久)
7位 『鋼の錬金術師』(荒川弘)
8位 『GIANT KILLING』(綱本将也/ツジトモ)
9位 『新世紀エヴァンゲリオン』(貞本義行)
10位 『DRAGON BALL』(鳥山明)

■活字ランキング
1位 『カンピオーネ!』(丈月城)
2位 『悪の教典』(貴志祐介)
3位 『のぼうの城』(和田竜)
4位 『スティーブ・ジョブズ』(ウォルター・アイザックソン)
5位 『織田信奈の野望』(春日みかげ)
6位 『ミレニアム』(スティーグ・ラーソン)
7位 『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』(鈴木大輔)
8位 『聖剣の刀鍛冶』(三浦勇雄)
9位 『ミニスカ宇宙海賊』(笹本祐一)
10位 『逆説の日本史』(井沢元彦)

関連記事はこちら

2012年年間ランキング(BookLive!)
[電子書籍年間ランキング]書籍1位は「カンピオーネ!」 マンガは「ジョジョ」がトップ(マイナビニュース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る