電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

メディアチューンズが電子書籍流通サービスを開始-電子書籍制作から配信までを請負

2013.03.06

メディアチューンズが電子書籍流通サービスを開始-電子書籍制作から配信までを請負 はコメントを受け付けていません。

メディアチューンズ

 3月4日、メディアチューンズは、電子書籍流通サービスを開始したことを発表した。これは、同社を経由することで、個人出版に対応していないストアでも、電子書籍の配信が可能になるというもの。

 対応ストアは、Kindleストア、koboイーブックストア、eBook Japan、パピレスで、作家自身が選択可能。今後、Reaerストア、紀伊国屋Kinoppyにも対応予定とのこと。
 なお、配信ストアは、DRM対応サービスのみとし、違法コピー対策が行われているサービスのみへの提供とし、これを売りの一つとしている。

 電子書籍流通サービスの利用は無料。実際に代金が入金された後、50%ずつメディアチューンズと作家とが分け合う形となる。
 また、電子書籍の制作はメディアチューンズが行う。同社は元々、EPUB形式の電子書籍制作を事業の柱としており、これまでに多数の制作実績がある。
 このため、それぞれのストアごとに微妙に違うEPUB形式にも対応しており、同社にテキストや画像を渡すことで、それぞれのストアに適した形に修正し、配信が可能になるという。

 Kindleダイレクト・パブリッシングなど、個人が簡単に電子書籍の配信が可能になるサービスが始まっている。
 しかし、このようなサービスを利用することは、自ずと作家個人が既存の出版社の役割を果たすことになる。
 ただ、現状では特に代金の受け取り時に不利になるケースもあり、メディアチューンズのような企業を経由することにメリットがある。

 メディアチューンズは、ある種、電子書籍の出版社の役割を果たし、特に技術面、金銭の受け取り時などに意味を為す。
 他にもパブーなどがこの役割を果たすサービスを提供しているが、電子書籍の制作から販売管理まで一連の流れを全て請け負ってくれるというのはなかなか面白いやり方だ。

 メディアチューンズでは、電子書籍流通サービスの開始と同時に、檜原まり子氏の作品12点の販売を開始している。

関連情報はこちら

電子書籍流通サービス|Kindleやkobo、Readerで電子書籍を世界に配信

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る