電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

トーハンの電子書籍配信ストアがリニューアル-コンテンツ拡充で紙書籍販売の「e-hon」との相乗効果を狙う

2012.11.06

トーハンの電子書籍配信ストアがリニューアル-コンテンツ拡充で紙書籍販売の「e-hon」との相乗効果を狙う はコメントを受け付けていません。

書籍取次大手のトーハンは、同社が運営する電子書籍配信ストア「Digital e-hon(デジタル イーホン)をリニューアルした。このリニューアルにより、配信コンテンツ数は約11万点となる。今後は来年3月末までに15万点を目指している。

 

「Digital e-hon」はこれまで他では扱いのない「医学文献」の充実を図るなどして特徴的な運営を行ってきたが、今後はより一般的な読者層の開拓を目指すものと思われる。

今回のコンテンツ拡充に伴い、iOSアプリ、Androidアプリ、PCアプリのいずれもリニューアルし、既に提供を開始している。なお、最大で3端末からの取り扱いが可能となっている。

 

「Digital e-hon」は、「e-hon(イーホン)」と提携しており、同じ画面上から「e-hon」のサイトにジャンプすることで、紙書籍の購入も可能となっている。
また、「e-hon」の画面上でも、電子書籍の取り扱いのある作品についてはボタンがあり、ここから電子書籍の購入画面に移動することもできる。
ただし、実際の購入には、「Digital e-hon」と「e-hon」の両者に会員登録が必要となり、ユーザーに手間をかけさせる仕組みとなっている点が難点となる。

「e-hon」は、検索した作品の在庫があれば、登録した近所の書店(送料無料)か、自宅(一定額で送料無料)で本を注文できるサービス。
紀伊國屋BookWebやAmazonなど、これまで紙書籍を取り扱ってきたサービスが、電子書籍と紙書籍を一律の画面(または両画面からの案内)で提供するシステムを展開しており、「e-hon」もその一角に名前を連ねることになる。

 

「Digital e-hon」は今回のリニューアルに際し、11月末まで対象電子書籍を購入した人に、500円の割引クーポンが当たるキャンペーンを開催する。

 

■情報元はこちら
Digital e-hon(デジタルイーホン)
電子書籍販売サイト「Digital e-hon」リニューアルのお知らせ~コンテンツ大幅増加と出版物連動施策の実施~

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る