電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

タブレット市場はAppleが首位を守るも、他ブランドも猛追でシェアを落とす

2013.02.01

タブレット市場はAppleが首位を守るも、他ブランドも猛追でシェアを落とす はコメントを受け付けていません。

タブレット市場

 1月31日、アメリカの調査会社IDCは、2012年度第4四半期の世界のタブレット市場調査結果を公表した。
 これによると、タブレットの出荷台数は、この四半期だけで5250万台となり、前年同期比75.3%増と大幅な増加を見せ、過去最高を記録している。

 出荷台数をメーカー別に見ると、第1位はAppleで約2300万台、続いて韓国サムスンの約800万台、Amazonの600万台と続く。
 四半期のシェアを見ると、Appleは43.6%、サムスンが15.1%、Amazonが11.5%となった。
 出荷台数の伸び率では、Appleが48.1%、サムスンが263%、Amazonが26.8%となり、台数やシェアでは追いつかないものの、サムスンが猛追している様子が見える。

 ちなみに、ASUSも402.3%と伸び率では大きいが、台数は300万台程度で第3位のAmazonの約半分程度だ。これは、Googleブランドで発売した「NEXUS 7」の影響が大きいものと思われる。

 なお、Microsoftは「Surface」を発売したものの、出荷台数は90万台程度で上位5社には入らず、その他扱いとなっている。

 これまでのタブレット市場はAppleが上位を確実に占め、それ以外の市場を他のタブレット業者が争うイメージだったが、徐々にAppleの市場は奪われつつあるようだ。
 実際、市場シェアを見ると、昨年同期では51.7%のシェアを確保していたAppleだが、今期では43.6%に落ちている。一方で、市場で先んじていたAmazonもバーンズ&ノーブルもシェアを落とし、そこにサムスン、ASUS、その他のブランドが入り込む形になっている。

 格安タブレットの登場などもあり、今後タブレット市場はますます大きくなっていきそうだが、その中でどのブランドがユーザーの心を掴み続けることができるのか。このあたりが注目どころのようだ。

関連情報はこちら

Tablet Shipments Soar to Record Levels During Strong Holiday Quarter, According to IDC(プレスリリース・英語)
世界タブレット出荷、Samsungが263%増でAppleのシェア奪う──IDC調べ(ITmedia ニュース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る