電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

アメリカでの電子書籍売上は全体の30%に-ペンギンが2012年決算を発表

2013.02.26

アメリカでの電子書籍売上は全体の30%に-ペンギンが2012年決算を発表 はコメントを受け付けていません。

ペンギン

 2月25日、イギリスのメディアコングロマリットであるピアソンは、2012年の通期決算の速報値を発表した。この中で、傘下の出版社・ペンギンについても発表を行った。

 それによると、ペンギンの2012年の売上高は、前年比1%とわずかに成長となった。
 その中で、電子書籍の売上は順調に伸びており、全体の17%に達したという。2011年は12%であり、電子書籍の重要性が高まっていることを示している。
 特に電子書籍先進国のアメリカでは、売上の30%を占めるに至っている。2011年は20%であったことを考えると、大きな前進だ。
 また、オーストラリア、インド、ブラジル、中国といった注目市場への展開も進めており、資本を投下しているようだ。

 ペンギンは、ベルテルスマン傘下のランダムハウスとの合併が発表されているが、これを2013年後半に完了させることで、現在進めているとしている。
 両社共にアメリカではビッグ6と呼ばれる大手出版社であり、この2社の合併は今後アメリカでの出版業界再編に繋がると目されている。 

関連情報はこちら

Pearson 2012 results(プレスリリース・英語)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る