電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

どこであのマンガの電子版が読めるのか調べてみた-7ストアで比較

2012.11.21

どこであのマンガの電子版が読めるのか調べてみた-7ストアで比較 はコメントを受け付けていません。

今年、電子書籍の世界は大きく動いた。

11月には、楽天よりkoboの新型となる「kobo glo」が発売。同月、Amazonより「Kindle」が発売された。また、来月にはBookLiveの端末「Lideo」の発売も控えている。

タブレット端末は普及を続けており、今年はiPadの新型、また小型化された「iPad mini」も発売された。また、Microsoftは「Surface」を発売し、Googleは「Nexus10」の発売を控えている。

このように、これまでパソコンか携帯電話だけだった電子書籍を読める機器は増え、その体制は概ね整ったと言える。
ところで、これらの機器を使って読む、コンテンツはどうだろうか。海外では言語の関係もあって数百万点の電子書籍が読めると言うが、国内では最大手でも10万点に届くか届かない程度だ。

鳴り物入りで登場したAmazonのKindleストアでも5万点程度だったこともあり、まだまだ電子書籍コンテンツが充実しているとは言えない。
とは言え、せっかく手元に電子書籍を読める環境があるのだから、ぜひ使ってみたいという人も多いだろう。
その中でも、やはり手軽に読めるマンガというのは、注目どころだ。

 

どれくらいの人気マンガが電子書籍ストアで売っているのか?

というわけで、前置きが長くなったがこのエントリーでは、人気マンガの電子書籍販売状況についてざっと調べてみた。

今回調査対象としたのは、書店員らが選ぶ「マンガ大賞」のエントリー作品。
この中には、今も続く人気シリーズもあれば、その年に注目された短編集もある。必ずしも「売れた」作品とは言えないが、何かマンガを読んでみたい、という時の参考にもなるかと思い、今回はここから調査してみた。

 

調査対象ストアは、「Kindleストア」(Am)、「koboイーブックストア」(Kb)、「BookLive!」(Bl)、「ebookJapan」(Eb)、「Reader Store」(Re)、「ニコニコ静画」(Ni)、「紀伊國屋BookWeb」(Ki)。

各サービスの()内の文字は表記上の略称。

マンガの内、巻数が複数にわたる作品については、最低1巻以上がストア上で販売されていれば「○」とした。実際には、各ストアにて売れられている巻数が違うこともある。
「ニコニコ静画」のみ「△」があるが、これは無料サンプルを指す。

 

2008年マンガ大賞ノミネート作品「電子書籍化状況」
Am Kb Bl Eb Re Ni Ki
『岳』 × × ×
『よつばと!』 × × × × × × ×
『海街diary』 × × × × × ×
『フラワー・オブ・ライフ』 × × × × × × ×
『君に届け』
『大奥』 × × × × × × ×
『皇国の守護者』 × × × × × × ×
『とめはねっ!』 × × × × × × ×
『もやしもん』 × × × × × × ×
『夏目友人帳』 × × ×
『ひまわりっ -健一レジェンド-』
『きのう何食べた?』 × × × × × × ×

 

2009年マンガ大賞ノミネート作品「電子書籍化状況」
Am Kb Bl Eb Re Ni Ki
『ちはやふる』
『宇宙兄弟』
『3月のライオン』 × × × × × × ×
『深夜食堂』 × × ×
『青春少年マガジン1978~1983』 × × × × × × ×
『聖☆おにいさん』
『とめはねっ!』 × × × × × × ×
『ママはテンパリスト』 × × × × × × ×
『トリコ』
『よんでますよ、アザゼルさん。』

 

2010年マンガ大賞ノミネート作品「電子書籍化状況」
Am Kb Bl Eb Re Ni Ki
『テルマエ・ロマエ』
『宇宙兄弟』
『バクマン。』 ×
『アイアムアヒーロー』 × ×
『娚の一生』 × ×
『虫と歌』 × × × × × ×
『海月姫』
『モテキ』
『高校球児 ザワさん』 × × × × × × ×
『アオイホノオ』 × × ×

 

2011年マンガ大賞ノミネート作品「電子書籍化状況」
Am Kb Bl Eb Re Ni Ki
『3月のライオン』 × × × × × × ×
『乙嫁語り』 ×
『アイアムアヒーロー』 × ×
『花のズボラ飯』 × ×
『失恋ショコラティエ』 × × × × × ×
『さよならもいわずに』
『進撃の巨人』
『刻刻』
『ましろのおと』
『ドリフターズ』 × × × ×
『ドントクライ、ガール』 × × × ×
『主に泣いてます』
『SARU』 × × × × × × ×

 

2012年マンガ大賞ノミネート作品「電子書籍化状況」
Am Kb Bl Eb Re Ni Ki
『銀の匙』 × × × × × ×
『大東京トイボックス』
『信長協奏曲』 × ×
『昭和元禄 落語心中』
『25時のバカンス』 × × × × × × ×
『ドリフターズ』 × × × ×
『グラゼニ』
『アイアムアヒーロー』 × ×
『外天楼』 × ×
『高杉さん家のおべんとう』
『日々ロック』 × × × × × × ×
『惡の華』
『四月は君の嘘』 × × × × × × ×
『鬼灯の冷徹』
『となりの関くん』

 

まとめ

2008年から2012年の間にノミネートされた作品は、複数年度に入っている作品を1点として集計すると、合計54作品となります。

これをまとめると、こうなります。

●どこのストアでも買えない(電子書籍がない)作品は、17作品(31%)
 ●どこのストアでも買える作品は、22作品(41%)

各ストアの販売状況はこうなりました。

 

購入できる作品 購入できない作品
「Kindleストア」 30 56% 24 44%
「koboイーブックストア」 25 46% 29 54%
「BookLive!」 32 59% 22 41%
「ebookJapan」 35 65% 19 35%
「Reader Store」 31 57% 23 43%
「ニコニコ静画」 34 65% 18 35%
「紀伊國屋BookWeb」 28 52% 26 48%

※本データは基本的に公開日時点でのデータであり、その後取り扱いが増えている可能性があります。
※ニコニコ静画のみサンプル(△マーク)がある関係上、合計が他とは違います。
※間違いへの指摘がありましたので、データを修正しました(11/28) 。(『主に泣いてます』のタイトルミスの修正、及び取り扱いストアの修正。『高杉さん家のおべんとう』の取り扱いストアの修正。両修正によるストアまとめ数値の修正。)

ざっくりまとめましたが、電子書籍購入の参考になればと思います。
なお、冒頭でも書きましたが、必ずしもすべての巻が売られているわけではありません。また、紙書籍よりも大幅に巻数が少ないこともあります。

このあたりも気をつけながらご利用ください。

小説版も調べました。ご参考までに。

 

2013/1/7に、本エントリーで調べたマンガ作品のその後の動きを調べたエントリー「続・どこであのマンガの電子版が読めるのか調べてみた-7ストアで比較」を公開しています。

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る