電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

ついにニコニコが電子書籍の有料配信を開始

2012.10.24

ついにニコニコが電子書籍の有料配信を開始 はコメントを受け付けていません。

ニコニコ静画

10月17日、ドワンゴとニワンゴは、24日より電子書籍配信サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」で出版社124社と提携した電子書籍の販売を行うと発表した。
「ニコニコ静画(電子書籍)」は、2011年11月8日にサービスを開始。

これまでは無料コミック雑誌の配信など、パソコンとiOS向けの無料配信サービスを行ってきた(一部角川グループ提供の「BOOK☆WALKER」は有料配信も行っていた)。

 

24日からは、niconicoの有料コンテンツを購入する際に使用する「ニコニコポイント」を使って、有料作品を購入することができる、新課金システムを導入。

これにより、有料コミック、コンテンツの購入が可能になる。有料配信化に伴い、これまで協力関係にあった角川グループだけでなく、講談社、集英社、小学館など大手出版社とも提携。
中小出版社も併せて、合計124社との提携に成功し、3万冊以上の配信が決定している。

この中には、集英社が誇るビッグタイトル「ONE-PIECE」や「名探偵コナン」「宇宙兄弟」などの人気タイトルも数多く含まれており、特に若年層ユーザーの多いniconicoユーザーに引っかかるコンテンツが豊富に用意されている。

 

当初はパソコン上での利用に限られるが、iOSアプリとして提供されている「ニコニコ静画(電子書籍)」でも近日中に購入ができるようになる。

iOSアプリでは「ニコ書券」という仮想通貨を用意。ユーザーは、500円、1000円、2000円などの単位で「ニコ書券」を購入後、これを使って電子書籍を購入する形となる。
購入後の電子書籍は、パソコンでもアプリでも閲覧可能だが、「ニコ書券」とパソコン上で利用可能な「ニコニコポイント」には互換性はない。

 

■情報元はこちら
ニコニコ静画
「ニコニコは本屋になる」――ドワンゴ、「国内最大級」のコミック配信サービスを開始 – ITmedia eBook USER
「ニコニコ静画(電子書籍)」で大手出版社124社約3万冊の有料コンテンツ配信 – 読売新聞

 

 ———

若年層が多く、デジタル機器に理解が深く、またコミックやライトノベルなどのいわゆる「おたく」的な作品に親和性が高いユーザーが多いのが、ニコニコユーザーである。ここで、コミックを中心とした有料配信を行うことは、大きな可能性を秘めていると考えられる。

また、当初ニコニコ動画は、赤字が続き、いつ止めてもおかしくないと思われていたのにも関わらず、永続的に運用が行われ、結果的に黒字にまで持ち込み安定性を持ち得る企業態度にも好感が持てる。電子書籍の配信は、やはりそれほど短期的に大きな利益が出るとは考えにくい。一定の期間は、堪え忍び、ユーザーがついてくるまで待たなくてはいけないこともあるだろう。その意味では、ニコニコ動画という先例があるドワンゴ・ニワンゴは安心できる企業と言える。

楽天のようにブームに乗って配信サービスを作り、短期的に利益が出なければ放り投げるような配信サービスでは、今後日本に上陸するAmazonにもGoogleにもAppleにも対抗できないし、何より1ユーザーとして信用できない。
その意味では、「ニコニコ静画(電子書籍)」というサービスが、どのような形で普及していくかで、新たな電子書籍の可能性が見えてくるのではないか。そのように期待できるサービスだと思う。

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る