電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

「BookLive!」が専用端末を発表!-WiMAX無料通信・朝日新聞デジタル配信などの機能も

2012.11.07

「BookLive!」が専用端末を発表!-WiMAX無料通信・朝日新聞デジタル配信などの機能も はコメントを受け付けていません。

 11月7日、「BookLive!」は、新たな電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo(リディオ)」を発表した。『Lideo』の発売は12月10日。価格は8,480円となる。

 発売に先立ち、「BookLive!」上で11月19日より予約を受け付ける。また、提携先の三省堂書店の店頭では、更に早く11月8日より予約を受け付ける。

 

 『Lideo』はNEC製で、6インチのE-Inkディスプレイを搭載した電子書籍専用端末。

 専用端末らしく、戻るボタンなどのほかに、本棚ボタン、書店ボタンなどのハードボタンが本体下部についている点が特徴。

 大きさは110mm×165mm×9.4mm、重さは170gで、世界最小、最軽量が謳い文句だという。バッテリーは、約1ヶ月間充電なしで利用可能。内蔵ストレージは4GBで、小説であればおおよそ3000冊を収納可能。外付けストレージは使用できない。

 UQ WiMAXに対応しており、ユーザーは事前登録不要、月々の通信料は無料で利用できる(BookLiveが負担する)。また、Wi-Fiにも対応しており、無線LAN環境とWiMAXを使い分けできる。

 初心者向けを謳うためか、パソコンでのアクティベートは必要ない。
 本体には固有IDが振られており、電源を入れた後、誕生日、性別、パスワードの設定をすることですぐに利用が可能。
 電子書籍の購入は、「BookLive!」上でのクレジットカード決済、WebMoney決済、BitCash決済のほかに、三省堂書店での店頭決済にも対応している。

 「BookLive!」は、Android、iOS、Windows Phone、PCに対応したサービスを展開しているが、クラウド上の書庫「My本棚」を利用することで、最大3端末で同期して、電子書籍の利用ができる。

 

 更に、今回の専用端末の発表と同時に、『Lideo』向けに朝日新聞がコンテンツの提供を行うことを発表。

 「朝日新聞デジタル for booklovers(フォー・ブックラバーズ)」と題されたコンテンツは、読書面の書評や本の紹介記事、コラム「天声人語」など文化面からピックアップした情報で構成し、毎朝端末に届く仕組み。
 価格は月額380円。端末上で直近7日分の閲覧・ダウンロードが可能になる仕組み。
 「朝日新聞デジタル for booklovers」は端末にプリインストールされており、来年1月31日まで無料で利用できる。

 なお、併せて「福井新聞SIESTA(シエスタ)」と名付けられた「福井新聞」のコンテンツも配信される。こちらも来年1月31日まで無料で利用できる。

 

■情報元はこちら

WiMAX搭載 電子書籍専用端末『BookLive!Reader Lideo(リディオ)』(UQ WiMAX)
電子書店「BookLive!」も独自端末発売へ……WiMAX搭載、通信無料の「Lideo」発表(RBB TODAY)
朝日新聞、BookLiveの電子書籍端末向けにコンテンツを提供へ(CNET Japan)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る