電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

「BOOK☆WALKER」がEPUB3対応、PC対応も発表-講談社ラノベ文庫の配信も発表

2012.12.06

「BOOK☆WALKER」がEPUB3対応、PC対応も発表-講談社ラノベ文庫の配信も発表 はコメントを受け付けていません。

 12月6日、角川グループ直営の電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」は、電子書籍の標準規格である「EPUB3」に対応することを発表した。
 新規配信コンテンツだけでなく、既に配信中のコンテンツ約9000点についてもすべてEPUB3対応にしたという。

 また、これにあわせて、iOS、及びAndroidアプリを新たにリリース。これにより、複数間端末でのしおりの同期機能、複数間端末でのふせん同期機能などを搭載。より使いやすいアプリとして生まれ変わった。

 更に、PC(Windows、Mac)への対応も発表。新たにPC上でも購入したコンテンツを楽しむことのできるビューワーを近日中にリリースするという。

 一方、同日、講談社との間で電子書籍の配信合意が為されたことも発表し、講談社のライトノベルレーベル「講談社ラノベ文庫」56点の配信を開始した。
 配信タイトルは『生徒会探偵キリカ1』『彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ』『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1』など。

 この配信開始を記念して、12日まで、キャッシュバックが得られるキャンペーンも開始している。

 「BOOK☆WALKER」は、角川グループ直営ストアであり、他の電子書籍配信ストアと競合するため、どう共存を図るのか気になっていた。

 その後、「BOOK☆WALKER」はニコニコ静画へのコンテンツの積極提供、GREEとの連携など独自色を展開。
 ライトノベルやコミックなど、若年層に強いコンテンツに強みを見出し、他社のコンテンツの受け入れも開始。
 現在では、今回配信開始の講談社も加えると、計18社の出版社コンテンツを提供している。

 コンテンツ数は他に見劣りするものの、独自色を強めることで生き残りを図る姿勢には、面白さがある。iOS登場時に開始された出版社独自ストアは多いが、それらもこの「BOOK☆WALKER」の姿勢には見習うところがありそうだ。

関連情報はこちら

BOOK☆WALKERがEPUB3に全面対応 ビューワー機能を一新、PC版も近日公開(プレスリリース)
講談社の作品BOOK☆WALKERで配信開始 「講談社ラノベ文庫」56冊を皮切りに他レーベルも続々登場!!(プレスリリース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る