電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

「All About」が1万2千冊の電子書籍を提供-過去記事のマネタイズは成功するか?

2013.01.22

「All About」が1万2千冊の電子書籍を提供-過去記事のマネタイズは成功するか? はコメントを受け付けていません。

All About

 1月21日、オールアバウトは、Googleが運営する「Google Play Books」にて、「All About」に登録するガイド執筆の電子書籍、1万2千冊を提供し、1冊50円にて販売を開始したことを発表した。

 提供された1万2千冊の「電子書籍」は、約540名のガイドが「All About」上に掲載してきた記事を、電子書籍の形に編集し直したもの。
 一部書き下ろしも含まれており、テーマは住まい、マネー、健康、エンターテインメントなど多岐にわたる750テーマ。

 EPUB3形式にて提供されており、Android端末、iOS端末、PC、電子書籍専用リーダーなどで利用できる。
 今後は、2013年3月末までに更に6000冊を提供する予定。

 既に無料公開されている情報を、パッケージ化して新たに提供するこの試みは、面白いものがある。
 これまでは、無料公開された情報を、出版社が新たに編集し直し、印刷版書籍として販売するケースが中心だった。
 これからは、著者や掲載メディア自身が、人気あるコンテンツを新たにパッケージングし、販売することが可能だ。

 それが実際に売れるのか、利益が出るのかは不明だが、何年にも渡って蓄積されてきた情報を、編集し、新たな形式で世に出すのは、既存出版社がやってきたことと何も変わらない。
 電子書籍のセルフパブリッシングが簡単にできる時代の到来と共に、今後様々な情報が、「お金」に変わる瞬間がそこここで見られることになる。

 とは言え、既存出版物と同様、売れる電子書籍はごくわずかだと思うが、いずれにしてもマネタイズの方法が「ある」というのは重要だ。
 「ない」のであれば不可能だが、「ある」のであれば可能になることも多い。始まったばかりの電子書籍市場の中で、今後どのような新たな取り組みを見ることができるのか楽しみだ。

関連情報はこちら

オールアバウトが1万冊以上の電子書籍コンテンツをGoogle Play向けに提供開始~750テーマにわたる専門家のノウハウを様々な端末で閲覧可能に~ (プレスリリース)
オールアバウト、1万2000冊の電子書籍をGoogle Playで提供(CNET Japan)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る