電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

「漫画全巻ドットコム」も電子書籍ストアを開始

2012.11.20

「漫画全巻ドットコム」も電子書籍ストアを開始 はコメントを受け付けていません。

 11月19日、「漫画全巻ドットコム」は、これまでの紙版のマンガ販売に加え、電子書籍の取り扱いを始めたと発表し、同日より販売を開始した。

 「漫画全巻ドットコム」は、2006年にオープン。マンガを1巻から最新刊までまとめて購入できるサービスが注目を集めた。2012年には、iOS版、Android版の立ち読みアプリをリリースし、徐々に電子書籍分野へのアプローチも始めていた。

 今回の電子書籍取り扱い開始により、既存の紙書籍と電子書籍の両者を扱うハイブリッド書店として生まれ変わる。
 電子書籍の取り扱い数は、45496冊(うち、マンガ21204冊、書籍20455冊ほか)。
 これまではマンガの取り扱いのみで、まとめ買いのみの仕様だったが、電子書籍は1冊より購入が可能。

 「漫画全巻ドットコム」では、従来よりポイントサービスも行っているが、ポイントは紙、電子の両方で使用可能。
 現在、11月30日までのオープンキャンペーンとして、電子書籍の購入でポイント5倍(全巻セットなら10倍)となるイベントを行っている。

 電子書籍の閲覧は、同サイトからビューアをダウンロードして利用する。
 現在、PC(Windows)、Androidアプリが用意され、11月中にはiOS版も用意される。最大3端末までの利用が可能とのこと。

 既存の書店が電子書籍も扱うというのは、初めてのケースではない。
 もちろん、Amazonという最大のメーカー兼ストアという存在もあるし、一方で、紀伊國屋書店のように電子書籍と書籍を併売するケース、ビーケーワン(bk1)のようにhontoに統合されるケースなどもある。

 徐々に電子書籍取次の在庫数も増えていることから、一から出版社を巡り強力を仰ぐ必要もなくなっている。
 このなかで、既に多くのユーザーを抱えている通販サイトや電子データ関連サイトなどは、今後自社のサービスへの囲い込みも含めて、電子書籍サイトを運営するケースが増えるかもしれない。

 とは言え、紙書籍と違い、電子書籍はサービス終了と共に、手元のデータの運命も決まる。このあたりをきちんと考えた上で、安全性(というか潰れなそうな)サービスを選ぶことが必要となる。

関連情報はこちら

漫画全巻ドットコム
漫画全巻ドットコムが電子書籍の販売を開始(プレスリリース)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る