電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

「図書館プロジェクト」でGoogleと日本ペンクラブが合意-今後法的手段をもって争わないことも発表

2012.12.17

「図書館プロジェクト」でGoogleと日本ペンクラブが合意-今後法的手段をもって争わないことも発表 はコメントを受け付けていません。

 12月17日、日本ペンクラブとGoogleは共同で声明を出し、今後「Google図書館プロジェクト」において、建設的な協力関係を構築することで合意し、法的手段をもって争わないことを発表した。

 「Google 図書館プロジェクト」は、Googleが公立図書館などに所蔵されている書籍をデジタル化し、これを公開(著作権の切れているものは全文、まだ切れていないものは一部のみ)するプロジェクト。
 これに対し、著作者側は、著作権保護期間内にある作品を公開した際、著作権者から要請がある場合には、速やかにこれを削除することを求めてきた。

 今回の合意では、「著作権者から削除要請があった場合には、速やかに削除する」「除外登録を受けた作品について、今後新たなスキャニングを行わない」との項目が含まれることになった。
 以前より著作権者から要請があった際には削除を行ってきたGoogleだが、これを改めて確認することで、著作権者の不利にならない合意となっている。

 一方、著作権者から要請があった場合には、スキャンされたデジタル化データを電子書籍としてGoogle Play上で販売する仕組みの提供も盛り込まれた。
 これらの項目によって、Google上では著作権を一方的に侵されることなく、一方で電子書籍という新たな仕組みの上で協力関係を築くことが明確になったと言える。

 また、今後図書館プロジェクトで問題が発生した際には、法的手段をもって争わないことも発表。
 Googleはアメリカにおいて裁判沙汰になっている「図書館プロジェクト」を日本においては話し合いの元に解決を図る方向で決着を見ることになった。

 今回の合意は、Googleと日本ペンクラブとの合意であり、すべての著作権者に有効な合意ではないが、今後一つの指標として運用されていくものと思われる。

関連情報はこちら

「日本ペンクラブとGoogleは、図書館プロジェクトに関する著作者の懸念を解決し、協力関係を構築することで合意しました」(日本ペンクラブ)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る