電子書籍に関するニュース、電子書店・電子書籍リーダーの情報などを最新情報をお届けします。

「ニコニコ静画」連載作品を紙書籍として出版-キャラアニが新レーベルを立ち上げ

2013.03.09

「ニコニコ静画」連載作品を紙書籍として出版-キャラアニが新レーベルを立ち上げ はコメントを受け付けていません。

ニコニコ漫画(公式)

 3月9日、ニコニコ静画は、「ニコニコ漫画(公式)」にて連作中の3作品を、角川グループ傘下でアニメグッズなどを手がけるキャラアニより、紙書籍の単行本として出版したことを発表した。
 キャラアニは、今後も継続的に出版を続けるため、「ニコニコCAコミックス」の名称で、新たにレーベルを立ち上げた。

 今回出版された作品は、『ポロロッコと小さな恋のはなし』(yum)、『絶体絶命英雄』(今野隼史)、『帝都怪盗浪漫譚 -Phantom ALICE-』(ねこリセット・原作、クロユズ・作画)の3作品。
 それぞれ連載していた作品を掲載しているほか、コミック描き下ろし作品やイラストなども収録されている。

 「ニコニコ漫画(公式)」は、出版社のウェブ連載作品と並ぶニコニコ静画のコンテンツの一つ。一般ユーザーの投稿マンガと区別するために、公式の文字がついている。
 これまでも複数の作品が商業作品として出版され、人気作の中にはアニメ化などのメディアミックスが為されている作品もある。

 一方、「ニコニコ漫画(公式)」では、連載されている作品の閲覧が今年1月7日より有料化されている。これにより、無料閲覧は第1話と最新話のみとなり、それ以外は1話50円~80円の料金がかかる。
 料金の一部は、クリエイター報奨金として著者に一部が還元されており、ある種紙媒体の雑誌連載のような意味合いを持たせている。

 これまでのウェブマンガと言えば、ブログ等で個人が自由に連載しているものが中心で、それを見つけた出版社が依頼をし、紙書籍として出版する形が多かった。
 その後、一部のマンガ雑誌では、これまで本誌や増刊で読み切りのようなテストケースとして作品を掲載していたものを、ウェブ上で無料公開し連載するスタイルをとるなど、新たな試みを行っている。

 有料会員を多数抱える人気サービスの一コンテンツというのは、ある意味で既存の有料マンガ雑誌に共通する点もある。
 ただ、ウェブ媒体というページなどのリソースに制限のない点、ページめくりなど紙出版とは違う構成などが楽しめる点など、違う点も数多い。

 今は、電子書籍と言えば、紙書籍で人気の作品をそのままのスタイルで読むことが中心となっている。しかし、新たなスタイルの作品が多数生み出されれば、読者にとってのマンガもまたその認識を大きく変えるものとなる。
 いずれにしろ、出版不況の中で、マンガ雑誌もマンガそのものも売上は下がっていると言われる。その中でも人気を呼ぶ作品を生み出すことができれば、マンガの新しい姿というのも見えてくるかもしれない。

関連情報はこちら

【お知らせ】「ポロロッコ」「絶体絶命英雄」「帝都怪盗浪漫譚」の単行本発売!(ニコニコ静画 お知らせ)

関連記事

コメントは利用できません。

電子書籍NOW!について

ページ上部へ戻る